金沢兼六LCの面々が来仙!

4月23日(火)、49年の仙台広瀬ライオンズクラブの歴史の中で、5年先輩にあたる創立54年の姉妹クラブが北陸から来てくれてGW前に旧交を温め合いました。金沢兼六LCは、仙台広瀬LC設立5年目に開拓した親睦の絆、貴重な姉妹クラブです。
会長挨拶では、仙台広瀬LC後藤会長Lから、このところの仙台の気候と桜に雪、楽天の開幕戦が横なぐりの吹雪であったことなど、平成ラストの1ヶ月を振り返りました。時代は、新元号令和へ。ここ4年間に12名が新入会となり、特に直近では4名入会と急速に若返りを図っている「新生仙台広瀬LC」ではありますが、新たな時代もご厚誼の程宜しくお願いしますと歓迎の挨拶と昨年訪問時の歓待に謝辞を述べ、先方の中西会長Lの非常に味のある旅路の描写や、続く中村CN55周年大会長Lからは、「5歳の広瀬さんと我々10歳の金沢兼六が出会い、仲の良い兄弟として今日まで歩いてきましたが、お互いのCN50・55を共に成功させ今まで以上に交流を活発にして行きましょう。」とお話がありました。
2次会では、ケータリングで頼んだ仙台名物牛タンに舌鼓を打ち話が弾み、3次会もプロ並みの美声?で盛り上がりました。

̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

2019年9月4日